FC2ブログ

H

2度目のサニースポット

昨日は2度目の
サニースポットオープンマイク。



名前、kooをQooと
間違えられたことはあるけど
cooは初めてかも。(笑





ここは2度目のオープンマイクでしたが
常連さんのグループ感のある
場所だと思いました。
音楽知識がある方も多くマニアな方
盛り上がるんじゃないかな。
スポンサーサイト

池袋サニースポットオープンマイク



池袋サニースポットのオープンマイクに
参加させていただきました。
6組の参加者だったと思います。
みなさん素敵な演奏で
音楽の知識も深く、
僕は我流のど素人肌なので
ちょっと浮いちゃったかな?
なんて思いながら。(笑

僕は君に見える世界は、
切なさの折り重なる彫刻、
歌のオリジナル3曲を歌いました。
相変わらず間違えずに
演奏することはできません。
これがKooクオリティ。(ニコ

音響がとても良く感じました。
歌っていて気持ちよかったです。
ありがとうございました。

音楽活動の記録

しばらくぶりの
ブログになってしまった。

5/13は下井草のライブハウス
ビリーズバーゴールドスターの
ビリーズフェスに参加。
やっぱりバリバリのミュージシャンは
バリバリだと思った。(笑



僕は2番手で参加、
15組くらい出てたんじゃないかな。
最後まで楽しみました。
とてもいい経験でした。
マスターのビリーさんにブッキングにも
声かけて頂いて8月は初めての
ブッキングライブ、
オッチャンの冒険は続きます。(笑





6/3日ははなの舞平井南口店の
オープンマイクに参加。
まー、本当に楽しい宴でした。

春のオープンマイク巡りもひと段落。
今年は8月のビリーズバーのライブと
秋のおふくろの施設でのライブ。
あと池袋のサニースポットの
オープンマイクも行ってみたいな。

そんな感じ。ϵ( 'Θ' )϶

坊主と帽子



僕はいつも帽子をかぶっている。
帽子をかぶってない時がほとんどないので
坊主頭だと知らない人も
髪が生えていないと思っている人も
いるようだ。

先日見に行ったライブで演者が
いきなり僕の帽子を取った。
頭が磯野波平だった場合
彼はどんな
リアクションしたんだろう。(笑
僕が帽子をかぶる理由は
好きだというのもある。
あと夏は日光が暑いし冬は寒いし。
それとかぶってないと
ガラが悪いように見られる気がして
それが気になる。
品良く見られたい願望?
ま、無理なんですが。
今年は帽子とって
眼鏡でもかけてみようかな。
インテリぶるさくせーん。

そして話は違うが
今日もヒットおめでと
オオタニサーン!

音楽のある町

昨日は練馬区大泉学園にあるさいらくという居酒屋さんの
昼飲み音楽イベントに参加しました。
マイクやアンプを使わず完全生音でお酒と音を楽しむイベント。
生音の気軽さ、とても好き。そして楽しかった。

音楽のある町、それが僕の理想かも。
ミュージシャンもリスナーも音楽を共有できる
垣根のないコミュニケーション。
もちろんプロフェッショナルな音楽は別として
コミュニケーションとしての音楽の楽しみ方
そういうのが僕は好きなんだと思う。

最近は公園や街中でフリーミュージシャンが演奏できる
許可制の場所もありますよね。
そういうのもやってみたいけど、
飲食店や居酒屋、いろんな場所で
定期的にミュージックデーみたいな日があって
演奏できる、聞ける、そんな機会が多くなったら
やる側、聞く側の感覚もかわって
音楽がある町になっていくんじゃないだろうか。
子供も大人も男も女も入り混じって
音楽というずっとあった、でも馴染みは以外と薄い
そんな語源をみんなで共有するのが僕の理想なのかも。

はなの舞 み家主催オープンマイク

み家さん主催のオープンマイク
参加してきました。
場所はびっくりはなの舞平井南口店。(笑
とてもユーモアを感じる
ステキなマスターと奥様で
主催のみ家さんの人柄もそうですが
このイベントの楽しい雰囲気も
なるほどという感じです。



主催のみ家さんの挨拶で始まり
僕は10番目。



つなぐと陽の傾く先への
二曲歌いました。



そして飲む飲む。



そしてチャッチュさんという
ライブバーに場所を変え飲む歌う。
大変楽しい時間が過ごせました。
楽しむための労力は
惜しんではなりません。
江戸川区は遠くない!(笑

最後にギターを
お店に忘れるという大失態。
マスター邪魔なもの置いて帰って
すみません。
今度の日曜日のライブで
取りに伺います。((ショボ-ン...

確定申告

今年もこのシーズンがやってきた。
めんどくさい、めんどくさい。

が、明日から3連休。
18はオープンマイクに行くけど
この3日間で帳簿付け頑張ろう。
まずは家事を終わらせて
風呂入ってそれからだ。


劣等感

これは劣等感だと思う。
悔しさとは違う。

若い頃世話になった同業の先輩が
25年経って大きく成功している。
若い頃なら悔しさを感じたはずだ。
でもそうではなく
自分の力の無さを感じる。
きっと劣等感だ。

子供の頃、僕は劣等感を感じていた。
小学、中学の頃だろうか。
頭も悪い、運動もできない、力も弱い
そんな劣等感が僕をいじけさせ
更なる劣等感を生んだ。

家族を持ち守る事で自信を持ち
僕は開き直る事ができた。
その後の自分の方が好きだ。
もういじけたくない。
自分を肯定して自分の道を進もう。

人付き合い

僕は友達が少ない。
というか、そう思っているのは
生涯通しても数人だ。
一見社交的に見えるようだけど
全然違う。
おそらく友達という感覚が
普通と違うんだと思う。

僕はいい塩梅で
人と付き合うことができない
つい真剣に向き合ってしまう。
好意を持った人間とでないと
うまく付き合えない。
そうじゃないとすぐに色々な事が
めんどくさくなってしまう。
それが僕の一番ダメなところだと思う。

だから好意のない人には近づかない。
そして一度好意を持った人を
嫌いになることも数えるほどしかない。
十代の頃の数人。
それ以降は縁が無かったり
理解しあえず疎遠になっても
嫌いになった事はない。

好意を感じるその要素は
フィーリングや笑顔、目
佇まいのような気がする。
何を言っているかよりも
そこに生き様や美意識を感じる。

でも最近、
好きでも嫌いでもない人とも
友好的な関係を
作れる人間になりたいと思う。
それなのに、めんどくさいと
思ってしまう自分に矛盾を感じる。
それを超える忍耐力や
優しさ、思いやりが足りないのだと思う。
そういうものって、作るものではなく
きっとあるものだよな。
大切だと思う人以外にそれが持てない。
多くの人達に
本当の意味で優しさや思いやりを
持った人間に憧れる。

男のマロン

最近使いもしないアウトドアグッズを
買い漁る衝動が抑えられましぇん。
道具好きなんだろうな。
この前ナイフを買いました。



オピネルというナイフです。
サイズ違いで3本買いました。
これを使い込んで
僕が死んだ時に子供達に
形見分けしたいなと思って。

ナイフなので
日々の調理にも使いたいと思います。
同じことしてても
好きな道具だと楽しいんだよな。

 | HOME |  »

Appendix

Kuni

Kuni

1969年生まれの蠍座O型。東京の片隅で細々と暮らしています。好きな物や事は音楽、バイク、草野球、ラーメン、酒。

仕事は建築塗装を
自営でやっています。
東京都練馬区 岡田塗装 ←リンク




FC2Ad

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Monthly